ロケーション
富部神社
神様への結婚報告儀式とともに
¥128,000~

【国の重要文化財】神様に結婚報告儀式を行い敷地内でのフォトウェディングが叶います。
もちろん挙式も執り行えます。【伝統神社で叶えるマリッジ・ピクチャーズの特別フォトウェディングです】

富部神社は名古屋市南部の笠寺台地上に位置します。
江戸時代には台地は松に覆われた大きな島とみられ「松巨島(まつこじま)」と呼ばれていました。
古代、台地の周辺は海で「年魚市潟(あゆちがた)」と呼ばれ、海を広範に眺めることの出来る景勝の地であり、
「愛知」の地名のおこりの地とも言われています。
万葉集では「桜田に鶴(たづ)鳴き渡る年魚市潟 汐干にけらし鶴鳴き渡る」
「年魚市潟汐干にけらし知多の浦に 朝漕ぐ舟も沖に寄る見ゆ」と詠まれています。

海を広範に眺めることのできるこの景勝の地に、慶長年間、清洲城主松平忠吉公は富部神社を創建いたしました。
桃山建築の姿を残す本殿は、国の重要文化財に指定され、祭文殿・廻廊
そして享保12年(1727)作の山車は名古屋市指定有形文化財に指定されています。

約400年にわたり、この地を守り続けてきた富部神社は、現在も変わらぬ四季折々の美しい姿で、
地域の憩いの場として、また地域の守り神として人々の信仰を集めています。

 

¥128,000~

(表示価格に消費税は含まれません)

【含まれているもの】

レンタル白無垢or色打掛1着・レンタル羽織袴1着・和装小物一式・新婦様ヘアメイク・新郎新婦様和装1点着付・200カット撮影・1ポーズ六切り台紙1冊・アテンド・富部神社奉告祭

※別途施設使用料がかかります

http://www.tobe-shrine.org/

名古屋でのフォトウェディング
・前撮り・後撮りの
ご相談・来店予約など
お問合せはお気軽にご連絡ください